消費者金融の審査が甘い!?消費者金融情報局♪

スポンサードリンク

   

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔軟融資の消費者金融はどこ?  

柔軟融資の消費者金融はどこ?

クレジットカードの知識第3版
871円(税込み、送料別)

日経文庫 著者:水上宏明出版社:日本経済新聞出版社サイズ:新書ページ数:201p発行年月:2007年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)決済やキャッシングの手段として身近な存在となったクレジットカードを、企業と消費者の双方の視点から解説した入門書です。カードの歴史・しく…




非常に沢山ある消費者金融の中で、審査が柔軟な会社をいくつか紹介していきます。はじめにはライブドアクレジット審査の柔軟な消費者金融ということで1、2位を争う所。他社への借入れも5社まではOK。 ですので他社借入れ数が多く持っている人にも融通が利きますよね。ライブドアというとても有名な会社がバックについている為に安心というのも魅力♪その上、金利も15.0%~と、審査甘いにもかかわらず低金利となっていますよね。さらに、もうひとつはディック。ここも審査甘いキャッシング会社として有名です。こちらは他社への借り入れが7件まで許容されています。他の会社は多いといっても2~3社程度で断られる事が普通ですので7社まで大丈夫だというのはとてもうれしいですね。金利が12.88%~と借り入れ内容に関しても、他社借入れ件数が多くいるわりには、とっても低金利となっているのです。そして、OCMカードは他社6社以上であっても借入れ可能だったという実績のあるカードでなのですが、毎月の支払額が決まっているために余裕ある支払い計画ができるようになります。最大手よりも、一般的には大手から中堅にかけての方が消費者金融審査が柔軟なんです。そして、クレジット系ですと大型スーパーや百貨店等の流通系カードは、一般のクレジット会社と比較して、審査基準がとっても柔軟。TVCM等で見かける様な大手には、審査基準も若干厳しくなっているため、この様な所を利用するのが良いと思われますよね。


スポンサーサイト

キャッシングのサービスとは? 

"キャッシングのサービスというのは、

銀行や公庫で住宅ローン等の為に受ける融資とは異なり、金融会社によって定義や審査基準は様々のようですが、個人の収入等の確認と信用情報の簡単な審査だけで、小口の融資を受けられるサービスのことです。基本的には無担保・無保証人、お金の使い道も自由で、急にお金が必要に成った時などには、非常に便利なサービスです。キャッシングのサービスを提供している会社は、

一般的に消費者金融会社がCM等で有名ですが、その他にも銀行や信販会社、現在ではIT企業等、様々な企業が運営しています。キャッシングは利便性が重視されている事もあり、インターネット等から申込をし、指定口座に振込みしてくれるサービスもあります。店頭、対面で申し込みは、少し気が重いという方には、たいへんありがたいサービスです。逆にキャッシングの利便性のよさが仇となり気付かぬうちに借り過ぎて自分の収入では支払えなくなり、また借金をして支払いをしなければならないという、自転車操業に陥ってしまうケースも少なくありません。特に最近、その様な状況に陥った人の弱みに付け込む闇金などの法外な金利や強引な取立てをする悪徳金融業者による被害が増えているのも事実です。キャッシングサービスをご利用にあたっては、商品毎の詳細事項をよく確認し、申し込みをして下さい。
"""

無審査・審査無しで借りられる消費者金融はどこ 

一般的に、無審査で借りることの出来る消費者金融いわゆるヤミ金ばかりだといわれていますよね。ヤミ金というのは国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者のことや、貸金業の登録をしている者でありながらも違法な高金利を取る業者を指します。ようするに、違法業者であるため、一般の消費者金融ではありえない利息を請求されるわけですよね。一般の消費者金融で借りるのが事が難しそうだからといって、無審査でお金を借りたいという様な人が、ヤミ金からお金を借入れたとしても、その法外な利息を払うことは、とっても難しい事です。ヤミ金からお金を借りた生で、最終的に自分の財産どころか、自分の命の危機にまで発展してしまって、お金を借りる目的も意味もなくなってしまいます。ですので、一般の消費者金融ではさすがに無審査のところはありませんが、審査甘い消費者金融なら沢山あります。消費者金融は借入残高よりも借入れ件数を重要視しますが、最大手よりも、大手から中堅にかけてのほうが消費者金融審査が柔軟で、借入れ件数に対して許容範囲が広くなっていますよね。例を挙げてみればライブドアクレジット。ここでは審査の柔軟な消費者金融ということで業界の1、2位を争うと言われる程の所。他社の借入れも5社までOKですので、他社借入れ数が多い人でも、意外と融通が利いてきます。そして次にディック。ここも審査甘い会社としてとても有名で、他社の借り入れが最高で7件まではOK。他社は多くても2~3社程度で断られる事が多くいるですが、7社まで大丈夫だというのはとっても魅力。無審査での借入れは、とってもリスク背負ってしまいますので審査甘い消費者金融を利用したほうが良いですよね。

審査が緩い消費者金融はどこ? 

消費者が一番気になっているところでもある、審査緩い消費者金融。こちらは確かに存在しています。一般的に、最大手よりは、大手からそして中堅にかけての方が実は消費者金融審査緩いとされています。例を挙げてみればライブドアクレジット。ここでは審査がとても柔軟な消費者金融ということで業界1、2位を争うと言われる程の所。他社の借入れも5社まではOkということでかなり融通が利きますよね。そしてなんといってもライブドアというとても有名で巨大な会社がバックについている為に、安心もできますよね。金利も15.0%~と審査甘いにもかかわらず低金利となっているのも魅力的。さらに、もうひとつはディック。ここも審査甘い会社ということでとても有名で、他社借り入れが最高、7件まで許されています。他の会社はたとえ多くても、2から3社程度で断られる事が多く、7社までOKだというディックにはとても魅力を感じます。借り入れの内容に関しても、金利が12.88%からと他の会社の借入れ件数が多く設定されている割にはこちらもとっても低金利。そして、OCMカードは他社6社以上であっても借入れが可能だったという非常に審査緩いクレジットカードです。俗にクレジット系は、大型スーパーや百貨店等の流通系カードは一般のクレジット会社と比較しても、審査基準がとても緩いとされていますが、他社6社という数字には、すでに審査がゆるいと言われている消費者金融専門の会社と比較をしてみても、トップクラスではないでしょうか?更に毎月の支払額が決められている為に、返済も余裕を持ってできるということがすごく魅力的ですよね。他にもライフプレイカードは即日発行、即日融資がネット上で可能です。あのライフカードで有名な株式会社「ライフ」のカードですから安心もできますしね♪他にも審査緩い消費者金融はあります。ですので、1社に断られたからと言って、全てあきらめてしまう必要はありません。

多重債務する時の審査が甘い消費者金融 

何件かの借入れがすでにある多重債務者にとって、新たな借入れをするというのは、返済面だけでも大変なのですが、貸し付けてくれる消費者金融を探すという事はもっと大変なことになってきます。審査甘い消費者金融は確かにありますが、他社借入れ件数が3から4件ある多重債務者ともなると、探すのも苦難な道となります。多重債務者となってから、いくつ消費者金融審査を受けても実際に審査に通らなかったという人もいるのではないでしょうか?単純に問題は、短期間で3社以上の審査を受けてしまうという事。申し込みブラックといって審査に通りにくくなってしまうのです。けれども、3~4件の借入れが他社にあると審査を通る事ができる会社が減ってしますという事も事実。ですが、探せば5件以上の借入れがあってもとしても、融資してくれる審査甘い消費者金融も実際には存在します。例をあげてみれば、ライブドアクレジット。ここは他の会社の借り入れが5件まで大丈夫です。審査の柔軟な消費者金融として1、2位を争うと言われる程の所。しかもライブドアというとても有名な会社がバックについていることで安心。その上、金利も15.0%~と、審査甘いにもかかわらず低金利。さらに、もうひとつはディック。ここではなんと7件までの借入れが許容範囲となっています。借り入れ内容に関しても、金利が12.88%~と他社借入れ件数が多くいるの対し、とっても低金利ですよね。探せば審査甘い消費者金融はありますから、数件審査したのみで安易にヤミ金に手を出すのはやめましょう。

フリーターでも簡単♪審査が甘い消費者金融はどこ? 

フリーターは正社員に比べて消費者金融などで借入れしにくいというのは現在の状況です。なぜならば収入が少ないといった事や在籍確認がとりにくいだとかが理由として挙げられていますがこれはフリーターだからといって、消費者金融がまったく利用できないという訳ではありません。そして、フリーターやパート等でも、全然収入が多くない人に対し、貸し付けてくれる消費者金融は怪しい所が多いと思うかもしれませんが、十差にはこの様な事もなく、TVCMで見る様な大手であっても、ある程度の収入さえあれば、審査に通る事が多くなっているのが現状です。審査が一般的に甘いとされている消費者金融であれば、フリーターであってもかなりの確立で審査に通る事ができるのです。例えばクレディア。ここは審査甘いという事で有名な消費者金融なのですが、ここではHP上にフリーター、パート歓迎と銘打っています。消費者金融の最大手であるアコムも、一定以上の収入があるフリーターならば、審査に通るとしていますよね。審査甘いという事に有名ディック。その上、他社借入れ数7件まで許容範囲であるディックですが、定期的な収入があれば大丈夫となっています。フリーターがこれだけ増えたこの時代ですから、収入が少ないのならば、なおさら消費者金融を利用する機会が増えるだろうと、実は各社ともに、フリーターだからという事で借入れを無下に断る事は減ってきている様なのです。けれども、限度額については、一般の企業に勤める正社員と比較しても少なめに設定される事が多いですのでその点だけはご注意ください。

消費者金融の審査方法はどうやって行っているのか? 

消費者金融審査の基本がどの様になっているのか気になる人も多くいるのではないでしょうか?消費者金融で融資を受ける時、審査の流れは、はじめに信用情報機関への照会から始まりますよね。各消費者金融が加盟している個人信用情報機関に対し、他社への借り入れの状況とかについて調査をします。消費者金融で一番大切となる審査基準がこの他社借り入れ件数とも言われています。この他社への借り入れ件数が、各消費者金融業者の許容件数内ならば、収入が多少少ないと言ったマイナス項目があっても、貸付が可能となることも多くあります。
そして次に属性です。この属性とは過去の顧客データを基本にして、利用者に一番近いモデルを探し出す事を指しまして、そのデータを元にして、申込者の利用限度額等を決定します。似た様な境遇の過去の利用者から、申し込みを行った人の未来を予測するといった事なのですが、その中には、属性モデルが最悪だった時には断られる事もあるため、これがなかなか侮れません。こういった個人信用情報機関への照会が基本となり、消費者金融は融資の決定を行っていますこの信用情報機関は日本には、株式会社シーシービー(CCB)全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC)株式会社シー・アイ・シー(CIC)全国信用情報センター連合会(全情連)株式会社テラネットと5つ存在します。利用しようとしている消費者金融がどの信用情報機関を利用しているのかはもちろん会社によって違いますが、銀行系や消費者金融系、クレジット会社系等で、系列的に分かれてはいるみたいです。短時間で審査が完了するのは、この様な信用情報機関が存在しているからなのです。

消費者金融の審査が甘い!?消費者金融情報局♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。